入院のご案内

入院に関することについてお困りのことが
ございましたらお気軽にご相談ください

入院される方へ

入院手続きで必要なもの

入院までの流れ

図_入院までの流れ

入院時の持ち物について

入院時必要なもの

入院が事前に決定しましたら入院当日に下記のものを準備してご持参くださるようお願いいたします。

  洗面用品・日用品
歯ブラシ、歯磨き粉、コップ(プラスチック製でお願いします)、洗面器、
バスタオル、石鹸またはボディソープ、シャンプー (リンス、トリートメントも可)
ボックスティッシュ

※必要時準備するもの

電気シェーバー、生理用品、ボディタオル、洗濯物を入れるビニール袋、ブラシ、
傘(先が尖っていないもの推奨)

衣類

【下着類】
枚数は洗濯の回数に応じて必要な枚数をご準備ください。
入浴の際の更衣等もありますので複数枚上下4、5セット程度の準備が必要となります。

【室内着と寝間着】
入院中は生活リズムを整え、心身共に健康的な生活習慣を獲得または維持していただくために日中は普段着、夜間就寝時には寝間着に着替えていただくよう勧めております。
病状や特別な理由がある場合は病衣の使用(有料)をお願いすることもございます。

【うち履き・外履き】
入院中病棟内ではうち履きで過ごしていただいております。
スリッパやサンダルなどをご準備ください。
急な入院の際には2階売店でも販売しております。

※高齢でスリッパやサンダルではつまずいてしまう恐れがある方の場合には介護シューズや
 脱ぎ履きのしやすい靴をお勧めします。

持ち込みが許可制のもの

下記のものは通常持ち込みを制限するか主治医、所属長の判断で持ち込みを許可しております。
また、持ち込みの許可が出た場合でも、スタッフステーションで預かり、必要時お渡しさせていただく事がございます。
※カミソリ、ハサミ、タバコ、ライターはスタッフステーション預かり必須です。

  爪切り、耳かき、カミソリ、ベルト、衣類に付属している紐類、
指輪、ピアス、ネックレス、杖、ゲーム、音楽プレイヤー、
タバコ、ライター

※携帯電話は症状によって適切な使用が困難とされた場合、ご使用を制限する場合がございます。

持ち込みが禁止されているもの

  多額の現金、高価な装飾品などの貴重品類、アルコール類

※上記以外でも治療上不必要と思われる物の持ち込みはご遠慮下さい。

患者様の金銭・持ち物の紛失・破損・貸借によるトラブルにつきましては、当院では責任を負いかねますのでご了承ください。

面会について

プライバシー保護のため、面会は原則として保護者または緊急連絡先に挙げられているご家族のみになります。家族以外の方で面会を希望される際には本人またはご家族、および主治医に確認をさせていただき、治療上の必要性においてお断りさせていただく事がございます。

面会時間 9:00 ~ 19:00

面会の際は病棟入り口のインターホンを押してください。病棟職員が対応いたします。 その際、病棟入り口前にあるお見舞いカードに必要事項をご記入の上、病棟職員にお渡しください。

大部屋内での面会はほかの患者様の静養の妨げになることもありますので出来るだけ控えてください。面会室、またはデイルームなどをご活用ください。

危険物などの持ち込みは固くお断りさせていただきます。場合によっては面会者のお荷物を確認させていただく場合がございますのでご協力をお願いいたします。

食べ物の差し入れなどを冷蔵庫でお預かりすることはできません。差し入れる際は面会時に食べきれる量をお願いいたします。

入院費用について

入院費用は入院料と治療費(投薬や検査、診察、治療プログラムなど)と食事の負担額の合計額となります。治療内容や加入している保険により負担割合が異なります。 入院費は高額となるため限度額適用認定の取得をお勧めしています。医療福祉相談室または入院会計窓口にてご相談ください。

医療費とは別に保険外負担金をお支払いいただく場合があります。療養の期間、内容によって負担金の内容が異なりますので、病棟スタッフ、医療福祉相談室、入院会計窓口にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る