院長からごあいさつ

山形さくら町病院 院長 広瀬公聖

山形さくら町病院が考える精神医療の形

山形さくら町病院 院長 広瀬公聖

精神医療の特有の問題は、身体医学のように目に見える画像や検査データだけでは、精神の症状がわからないことです。病気をとらえる考え方、方法そのものが必要となります。また、精神疾患症状の影響を考えてみると、環境の問題が大きく、病気そのものだけではないことに気づきます。人間は社会との関わりを持って存在しているため、社会からの脱落、孤立は精神的に大きな影響を与えます。それが精神疾患の原因でもあり、結果ともなっています。

当院では、治療の方向性を考える時、テーマとして「病気の治療」と「孤立」の二つの問題を扱う必要があり、精神医療の形と考えます。入院治療の役割は、スタッフが本人を受容し、本院も診療を受け入れることで、精神の安定、孤立感から抜け出すことが、まず第一であり、スタッフの大きな役割です。病棟は「安心感」の持てる第二の家庭と考えています。それが基盤となって初めて、各セクションの連携を通し、家庭、社会、学校などへの再復帰への準備、プログラムへと進みます。

こうした、精神医療の質を決めるのは職員個々のホスピタリティです。当院では、特に第一の過程を大事にしています。救急医療を担当する病院としては数少ない「受容的・支持的」な看護科の役割を重視した病院といえます。

次の過程のチーム医療・リハビリは、「流れ作業」的技術ではなく、個々人の症状や原因が異なるため、ニーズに応じた適切な治療手段、技法を拡充し、選択できる「オーダーメイド」の医療を目指しています。そのために、学生実習の指導や研修のみならず、大学院での勉強、認定看護師の育成などスタッフの教育に力を入れ、今後もさらなる医療の充実を目指したいと思っております。

かみのやま病院 院長 江口拓也

豊かな田園の中で地域と共存できる病院

かみのやま病院 院長 江口拓也

当院は、蔵王連坊を望む風光明媚な環境に立地しています。山形さくら町病院の分院として1956(昭和31年)にこの地に建てられました。「豊かな田園の中で地域と共存できる病院」をモットーに開設当初より地域に開かれた精神科医療を展開しています。また他職種チームによる医療を軸に全ての職員がリハビリテーションに力を入れてきました。精神科医療は「人」であるという理念から、高い看護基準、精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士などコメディカルスタッフの導入も早期より行っています。

現在は、物忘れ外来、思春期外来、アルコール依存症外来の専門外来の他、精神科デイケアセンター「むづれは」、重度認知症患者デイケアセンター「あららぎの里」、訪問看護ステーション「あららぎ」を併設し、作業療法やSST、心理教育にも力を入れています。 地域との連携を大切に上山市と共同し様々な地域サービスも長年続けてきました。

さらに来春にはアメニティーの充実を図るため外来棟と新病棟が完成、さらに介護老人健康施設「かなやの里」を新設しサービスの向上を目指していきます。

当院では、開院以来大切にしているソフト面の充実をはかるため、あらゆる職種に院内外の研究会(学会含む)や研修会へ積極的に参加できるシステムも充実しています。四季の変化が美しく、食べ物が美味しく、何よりもあたたかいスタッフのいる当院で一緒に働いてみませんか。お待ちしております。

看護部長からごあいさつ

山形さくら町病院 看護部長 庄司祐

患者さんを大切に 職員を大切に 地域を大切に

山形さくら町病院 看護部長 秋葉智賀

病院がこの地域で開院してから、95年目を迎えました。初代院長の「患者さんを大切に」「職員を大切に」「地域を大切に」この3つは、今も代々受け継がれています。

精神科の基幹病院としてスーパー救急(精神科救急入院病棟)・精神科急性期治療病棟のベッドを有し、他に高齢化社会に対応する認知症治療病棟、身体疾患ケア病棟、社会復帰を目指す精神科リハビリ病棟とそれぞれの機能に分けた6つの病棟があります。また、精神科訪問看護、精神科作業療法、精神科デイケア・ナイトケア、重度認知症患者デイケア、リワーク(復職復帰支援プログラム)など専門的な役割を持ち、お互いに協働しながら「こころの総合リハビリテーション」を行っています。病院の職員は向上心があり、有資格の上に認定の資格や大学院修士課程へスキルアップし、若いスタッフのモデルにもなっております。学生の実習の時、指導者の熱い思いに感銘を受けた新卒者の就職も多く、更に卒後教育にも力を入れているので安心です。有給休暇は、ほぼ100%の取得率で将来を見据えて多方面にチャレンジしているスタッフは多くおり、頼もしい限りです。また、病院祭や地域への催しへの参加、病院周辺の清掃を通し、時折掛けられるご近所の方々の温かい言葉で地域とのつながりを感じます。

このページをご覧になったあなたへ 山形さくら町病院は、ご利用の皆様一人ひとりの心を大切にしております。そして、「この病院を利用してよかった」と思って頂けるよう誠実で温かく、思いやりの心で私たちと一緒に働いてみませんか。

かみのやま病院 看護部長 小玉三正

“おもいやりのある看護”をめざしています

かみのやま病院 看護部長 小玉三正

かみのやま病院看護部では、「人間愛にもとづき個人を尊重する医療を実践します」という当院の理念のもと、安全で安心していただける看護を提供していくことを目標としています。

そして、やすらぎを与え信頼されるために、個人を尊重したやさしさとおもいやりのある看護を心がけています。そして、私たちは職員同士のコミュニケーションを大切にするようにしています。たとえば、日々の仕事の中で看護師が求められる能力の一つとして、相手を理解するために“自己洞察”をできることが必要になります。ただ、一人で行うにはなかなか困難なことです。そのような理由から、職員同士の話し合いの場と時間を多く持つように取り組んでいます。

また、より良い看護を行っていくためには、看護師一人一人が力を発揮できる職場環境を整えていくことが重要と考えています。働くことへの満足感と生きがいは、社会生活と両立していることが基盤となります。仕事と生活の調和といったものは、どこからか与えられるものではなく、自分たちで作っていくものと思います。私たちは、病院開設当初(昭和31年)より働く環境と休息、社会貢献などについて職員全員で取り組み積み上げてきた歴史と成果があり、現在もそのような風土が引き継がれています。

病院の見学など随時受け入れておりますので、いつでもご連絡ください。ともに働いてくださる看護師、看護補助者の皆様を心よりお待ちしております。