研修制度のご紹介

当法人では、利用者が安心して当院を利用していただくため、職員が安心して働けるために、教育研修を惜しみません。

医療は日進月歩と言われており、常に最新の知識と技術をもって利用者の皆様に還元できるよう、職員に十分な研修制度を提供しております。

新人研修

就職後、こころの医療に携わる者として必要な知識や技術を、年間を通じて学んでいきます。

看護職員につきましては、3カ月、6カ月、12カ月と全体で状況を確認しあいます。

また、法人職員としての合同研修や、院内の各部署研修もとりいれ、知識・技術の習得を病院全体でバックアップいたします。当院の新人研修事業につきましては、厚生労働省の研修基準に則って研修を開催しております。(詳しくはこちら

全体研修

各委員会の定期研修がございます。

年間を通じて、各委員会より最新の情報や技術を職員に提供しております。

主な研修の一部をお示しいたします。

  • 病院安全管理対策研修・医療事故防止対策研修
  • 事故防止対策研修
  • 医薬品安全管理研修
  • 医療機器安全管理研修
  • 危機管理・防火対策研修
  • 災害対策研修
  • 医療ガス安全研修
  • 感染防止対策研修
  • 褥瘡対策研修
  • 行動制限最小化研修
  • 接遇研修
  • 実習指導者研修 (県主催)
  • 医療事故防止対策研修
  • 事故防止対策研修
  • 経年研修会
  • 研究発表会
  • 2年目研究発表会
  • 職務別研修・ケア・ワーカー研修
  • 医療救急・基礎研修 (精神・一般医療)・救急蘇生研修
  • 窒息時の対応
  • 暴力防止
  • AED取扱い
  • 院内実習(新人研修内)
  • 精神科先進医療研修・精神科救急急性期研修
  • 院内研修・精神科一般 一般医療研修
  • 院外研修
  • 各種学会 (医師及び各職種専門学会等)

ケアワーカー研修

当院では、ケアワーカー(看護補助者)にも十分な研修を受けていただいております。

こころの医療を補助する力を養い、安心して働ける体制を提供しております。

まったく経験がない方でも、しっかりした研修や職員のフォロー体制がありますので、安心して働いていただけます。

院外研修

それぞれの職種の職能団体が開催する研修や、各学会・学術集会等に積極的に参加してもらっています。

研究発表も積極的に行っております。

院内による研究取り組みのほか、大学との共同研究にも積極的に取り組んでおります。

専門資格取得支援

各職能団体が認定する資格取得や大学院進学などを支援しております。

精神科認定看護師、認知症看護認定看護師、精神科認定薬剤師、精神科認定栄養士など、多くの認定を有する職員が在籍しており、キャリアアップをバックアップいたします。また、大学院修了学位取得者および通学者もおり、高度職業人としての活躍も応援しております。

医師の資格取得

精神保健指定医取得、学会等専門医取得に関して、指導医がバックアップを行います。

院外からの実習・研修の受け入れ

当院は永年、医療職関係の実習病院として要望に応えてまいりました。

実習は、新しく医療職をめざす皆様方の資格取得のためには避けては通れないカリキュラムのひとつです。

私たちは、実習の要望に応えることが社会貢献のひとつの形であるとともに、資格を得て医療職に身をおくことが出来た社会への恩返しであるとも考えています。

これまで、看護師・精神保健福祉士・臨床心理士・作業療法士・栄養士の養成にかかわる学校や大学、大学院からの学生の受け入れや、職能団体等が認定する認定・専門資格を取得する実習生を多数受け入れております。

医師につきましても専門医指導病院となっております。

実習を希望する方は 山形さくら町病院代表電話 023-631-2315 までご連絡ください。

実習実績

  • 山形市立病院済生館高等看護学院
  • 山形大学 医学部 医学科・看護学科
  • 山形大学 地域教育文化学部
  • 山形県立保健医療大学 看護学科 作業療法学科
  • 独立行政法人国立病院機構山形病院附属看護学校
  • 山形県立山辺高等学校 専攻科(看護)
  • 岩手県立大学 社会福祉学部 福祉臨床学科
  • 東北福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科・福祉心理学科
  • 東北文化学園大学
  • 仙台医療リハビリテーション学院
  • 山形医療技術専門学校 作業療法学科
  • 東日本国際大学 福祉環境学部 精神保健福祉学科
  • 山形大学大学院 地域教育研究科 臨床心理学専攻
  • 山形県立保健医療大学大学院 保健医療学研究科
  • 国際医療福祉大学医療福祉マネジメント学科
  • 日本福祉教育専門学校

後期研修医精神科実習

※当法人での実習校の一部をご紹介しました。

平成27年度研修実績一覧

(平成28年2月16日現在)

月日 研修会名 主な対象者
4月1日 病院組織と服務規定 新人
新人看護職員の概要 新人
精神医療と当院の展望 新人
4月2日 組織人としての態度、姿勢 新人
コミュニケーション技術 新人
4月3日 行動制限研修会 新人
4月6日 当院における栄養管理 新人
精神保健福祉法 新人
4月7日 院内感染 新人
4月8日 個人情報保護法 新人
看護に活かすカウンセリング 新人
4月10日 精神科における身体疾患 新人
注意を要する注射薬 新人
4月13日 学生指導者勉強会 学生指導者
4月14日 チーム医療に関して 各病棟の役割 新人
認知症の看護 新人
4月16日 当院の情報システムについて 新人
4月17日 医療安全について 新人
4月21日 放射線について 新人
4月22日 接遇 新人
5月13日 院内研究勉強会1回目 研究担当者
5月14日 アルコール依存症 新人
5月18日 患者の安全管理 新人
5月20日 当院の診療録について① 新人
5月21日 医療関連感染対策 感染管理 新人
5月22日 夜勤について 新人
5月26日 2年目研究勉強会2回目 2年目職員
5月29日 医療技術1 新人
6月2日 認知症 新人
5月27日 平成27年度院内研究発表会第1日 全体
6月2日 平成27年度院内研究発表会第2日 全体
6月4日 当院の診療録について② 新人
6月8日 学生指導者勉強会 学生指導者
6月9日 おむつの正しい装着法について 全体
6月10日 教育担当、実地指導者研修(3か月) プリセプタ―
3か月フォローアップ 新人
6月17日 消毒剤の種類と特徴 全体
6月18日 医療技術3 新人
6月22日 CVPPP1回目 全体
6月25日 精神科看護の基本 新人
看護部組織・理念・目標 新人
6月29日 患者に沿った退院支援について 新人
6月30日 精神科リハビリテーション 新人
7月3日 社会医療法人二本松会合同新人研修会 新人
7月13日 CVPPP2回目 全体
7月22日 ケアワーカ―研修(おむつ使用) ケアワーカ―
6月24日 ラインケア① 役職者
7月15日 ラインケア②
7月30日 当院の診療録について③ 新人
8月6日 AEDを用いた心肺蘇生法および腰痛にならないための介助法 全体
8月24日 2年目研究勉強会3回目 2年目職員
8月28日 ケアワーカ―研修(理念関係) ケアワーカ―
9月1日 気分障害 新人
9月3日 教育担当、実地指導者研修(6か月) プリセプタ―
9月3日 6か月フォローアップ研修 新人
9月17日 口腔ケア 全体
9月24日 行動制限最小化委員会前期研修「実地研修身体拘束について」 全体
10月8日 主な精神科の薬 新人
10月29日 平成27年度2年目研究発表会 2年目職員
10月30日 精神科における薬物療法看護の考え方と観察のポイント 新人
11月中 新人職員院内各部署実習 新人・準職員
11月18日 感染防止(ノロウイルス対策) 全体
12月8日 身体にかかる圧の影響と褥瘡との関係について 全体
12月9日 精神保健福祉法について 全体
12月14日 学生指導者勉強会伝達講習会 全体
12月15日 統合失調症 新人
12月16日 ケアワーカー研修(排泄ケア・陰部洗浄) ケアワーカ―
1月4日 糖尿病治療について 医局員
1月18日 モニター心電図入門 医局員
1月25日 輸液 水 電解質 医局員
1月28日 接遇研修全体研修会 全体
2月4日 看護部アフター研修会 看護部
2月9日 上山病院見学 新人
2月9日 褥瘡と栄養 全体
2月10日 院内研究勉強会2回目 研究担当者
2月25日 行動制限最小化後期研修 全体
2月29日 おーる見学会および山形さくら町病院見学 新人
3月7日 教育担当、実地指導者研修(12か月) プリセプタ―
12か月フォローアップ研修 新人
3月7日 糖尿病治療薬・エリキュース錠 医局員
3月9日 ケアワーカー研修(精神科でよく使う薬剤の作用副作用) ケアワーカ―
3月10日 2年目研究勉強会1回目 2年目職員
3月14日 CT画像症例検討会 医局員
3月16日 倫理 全体